初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

仮想通貨投資で1000万円利益を上げて学んだこと。誰でも稼げるの?

仮想通貨投資で1000万円利益を上げて学んだこと。誰でも稼げるの?

仮想通貨は本当に儲かるの? 2015年から始めたビットコイン(Bitcoin)リップル(Ripple)はじめとした仮想通貨の投資で、これまで私がどのように利益を上げてきたのか、その重要な特徴をまとめました。

仮想通貨バブルを言われる現在。これまではビットコインのみが仮想通貨の注目を集めてきましたが、最近はイーサリアム、リップル、ネムをはじめとしたアルトコインの価格上昇が大きく、私のように元手が100万円以下でも1000万円以上の収益を上げることができています。

次世代の技術であるブロックチェーンに興味を持ち仮想通貨投資をはじめましたが、2017年3月からの価格上昇からあっというまに資産は増加し、1000万円の利益を達成することができました。

仮想通貨バブルと代表的な通貨である「リップル」「ネム」を取り上げ、億万長者となる特徴を記事にしました▼▼

コインチェック取引所のみで資産1000万円を達成

コインチェックの資産状況です。

私はコインチェック以外でも世界最大級の海外取引所である「ポロニエックス」など複数アカウントを持っていますが、中でもコインチェックでの資産の増加が著しく1000万円に達するまで特別なことをしたわけではなく、簡単に言うと仮想通貨を勉強し「将来性」のある通貨を安値で買っておいただけなのです。

一応1000万円を目安に記事のタイトルとしていますが、すでに実際はそれよりももっと多くの利益を得ています。

私がメインで使用する注目の国内取引所「コインチェック」の特徴はこちら▼▼

「コインチェック」はこちら▼▼
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

世界に必要とされる技術と実用性を考える

上の画像はイーサリアムのスマートコントラクトを表現した画像です。

日々大きなボラティリティ(値幅)であり、また通貨の9割以上は詐欺だと言われる仮想通貨の中でより堅実に投資ができないかということで、まずしっかりとその通貨のことについて勉強をしました。

そこでその通貨が投資として魅力があることは、今後「世界に必要とされる技術」と「実用性を兼ね備えている」ということです。

例えば仮想通貨の代名詞とも言えるビットコイン。従来の銀行送金に比べて、「ありえない格安の手数料」「24時間365日送金」「取引履歴が全て見ることができ、改ざんできない。」と大きな魅力を持っています。

日本ではあまり時間がありませんが、世界では自国の通貨が信じられない国もあるのです。そう言った国がデジタル通貨であるビットコインが魅力的であるのであれば、それは「必要」とされているのです。

多くの人が通貨を買う通貨の値段が上がる。

なので早くから投資をすることで、安く通貨を買うことができ、利益は大きく膨らむ可能性があります。

2015年からの投資では、依然としたマウントゴックスでの事件や仮想通貨というネーミングについて懐疑を抱いている人が現在と比べて多くおり、確かにまとまった金額を投資するのは、リスクを感じていたため徐々に毎月積み増しを行ってきました。

現在東京を中心にビットコイン支払いに対応した店舗が増えきています。

今後世界の多くの人がビットコインを持っている時が来た時には通貨の時価評価額(取引量)は高く、価格ある程度安定しているため、投資での収益という点では現在に比べて低くなると思われます。(現在の日本円やドルのようなもの)

しかしながらこれからどんどん普及していくのであれば、通貨は買われるためそこまで価格は上がっていくのです。

仮想通貨の世界をじかに体験する。

 

よって私は通貨の値段が一時的に下がったとしても「将来性」を重要視し、そのまま通貨を持っています。

なので私が仮想通貨に興味があり投資したい人にオススメするのは実際少額でもいいからビットコインイーサリアムリップルなどの通貨を買って取引をしてみて、仮想通貨の世界に触れてみてくださいと言います。最近はビットコインデビットカードも増えてきており、どんどん通貨の用途が広がってきているのです。

ビットコイン対応の店舗がお近くになるのであれば、実際ビットコインを使って少額でも支払って見てもいいですが、地方の方にはそう言った店舗がありません。 なのでまずは仮想通貨の売買、送金、受信を試してみるといいと思います。*現在ビットコインについては取引サイズが上限に近く、前に比べて今は送金スピードが結構落ちています。現在はその改善策は議論されています。

実際使ってみて「これって便利!」「すごい送金が簡単にできた。募金集めとかビットコインでやれば絶対コストが安くで簡単に資金を集めれるのに!」など感じることがその「実用性」を実際感じることなのです。

ビットコインを使って支払いができる世界最大級のビットコインデビットカード「ワイレックスカード」▼▼

仮想通貨の分散投資の威力を知る。

私がある程度短期に資産を大きく増やすことができた一つの理由に分散投資があります。*上の画像はコインチェックでの取り扱い通貨です。

すでに書きましたが、2017年にビットコインだけでなく、「イーサリアム」「ネム」「リップル」が予想以上の価格の上昇をとなっています。これが資産を何倍にも短期間で増やすことができた理由になります。

私は他にも国内では取り扱いがない通貨についても将来性のあるものに投資をしており、そちらも5倍以上の値上がり益は得ています。

リスクを抑えるためにも仮想通貨においても「分散投資」は投資の基本になります。

  • 時価評価額が高く、値動きがある程度安定している通貨に注目する。 
  • 実用性、将来性に富む通貨を選ぶ。 
  • 利益を伸ばすため、手数料の負担がかかる短期的な売買はしない(トレードの知識がない方)
  • アルトコインがビットコインと比べてどのような役割かを知る。

ビットコインが集中的に買われたり、ビットコインからリップルやネムなどのアルトコインに資金が流れたり、様々な状況が仮想通貨の相場では発生しています。

しかしながら短期的な値動きに一喜一憂するのではなく、価格の節目で通貨を買ったのであれば、それを「しっかり増やす」という意識が必要になります。

仮想通貨の新しい技術と投資のスピード

仮想通貨は比較的新しい技術と言えます。従来の取引を変えるシステムです。この技術であるブロックチェーンは、マイクロソフトやアマゾンをはじめとした多くの企業で取り入れられ始めており、世界的に注目されています。

その技術が根幹となっている仮想通貨は、そう言った上で投資のチャンスと言えます。

利益を上げている人の特徴は「世の中に役立つ技術」に興味をもち「スピード感を持った投資」という特徴が見られます。取引量が少ない通貨が多く取引がされると、途端に価格が上昇します。 なのでイーサリアムなども当初6万円で買っていれば、現在は数千万円の利益になっていると言われています。

ですが仮想通貨はまだまだ普及段階です。この後どのように実用化されるかが重要な鍵となります。

仮想通貨の相場はマネーゲームの側面があること知ること。

上のチャートの赤枠はビットコインの2016年12月末から2017年1月中旬の相場になります。

このように大きく買われ高騰する通貨は、「利益確定」の売りから大きく下落する傾向になります。

しかしそれは仮想通貨だけではありません。従来外国為替トレードの知識がある私は、価格の相場を見たときに相場の「心理」を多少なりとも読み取ることができます。

なので価格急騰したときには基本的に私は通貨を「買いません。」その後にどこかの大金持ちが大量の通貨を売って急落する可能性があると思うからです。

ですが「ビットコインが急騰!!」と周りで話題になると、人々は「乗り遅れたくない!早くビットコインを買わないと!!」と急いで買いに走ります。そして大きな下落となった場合には大きく損するのです。 もちろん一時的に損失が出ていても後で価格が再度上昇した際には、そのまま持っておけば損失がなくなり利益が発生します。 しかしながら相場の動きを読んで、「下落をチャンス」と知ることで、より安い価格で買うことができ効率的に資金を増やすことができます。

このように仮想通貨市場は魅力的な値上がりから、多くの方が資産を増やそうとお金をつぎ込んでいるのです。なのでマネーゲームと表現をしています。

通常のようにその通貨が必要だから「買う」以外に、「投資で利益を上げる」という「買う」も存在しそれが急落を生んでいるのです。なので価格の急騰で急いで買うのではなく、その前に「いつでも通貨を取引できるように準備」をしてチャンスを待つことが重要なのです。

 

すでに値上がりした仮想通貨をどこで買うかを考える

魅力的な通貨を安値で買っておく。」ことができればかなりの利益を得ることができます。

私もビットコインを始め、イーサリアム、リップル、その他の通貨を以前から投資をしていました。 

リップルについてはいつになったら価格が上がるか予測がつきませんでしたが、大手銀行がリップルに参入するニュースから2017年3月には信じれないくらいの価格の上昇となり、一気に収益が1000万円に膨らみました。

上の画像はリップルのチャートです。(2017年4月18日〜5月17日)

しかしながら「魅力的な通貨を安いうちに買っておくのは素人には難しいよ。。」と思われる方がいるかもしれません。確かにリップルのように一度急騰すると、「もう価格が上がらないのじゃないか? 」「安値で買いそびれたからもう買えない。。」という方もいらっしゃいます。

ですがそれではなかなか通貨を買うことができずチャンスを逃す可能性があります。「これまでどうして通貨が大きく上昇したのか?」という視点で見るとそこには、「より通貨の実用性がある好材料のニュース」の存在があります。

なので、今後将来的にさらに実用的なニュースが出てくるのであれば、その通貨はさらに値上がりする可能性があるのです。なのでそのためにはその通貨を勉強していく必要があります。

短期的に大きく値上がりした時価評価額の低い通貨ばかり追いかけない。

ポロニエックスのチャートです▲▲

ある程度仮想通貨の取引の経験ができてくると、アルトコインに興味を持つようになります。アルトコイン取引では国内取引所である「コインチェック」が一番取扱量が多く、そして時価評価の高い通貨ばかりを採用しています。

そして世界最大級の取引所と言われる「ポロニエックス」。こちらはまだ英語のサイトですが、日本人もそれなりに多くの人が取引をしています。その理由が「多くのアルトコインを取り扱っている。」ということです。

もちろんコインチェックだけでも取り扱い通貨は本当に十分なくらいです。コインチェックでは時価評価額が高い、つまりより多く世界中で取引されている通貨を扱っているからです。 ですがポロニエックスで取り扱っている通貨数はコインチェックの数倍に及びその中では、短期的にありえないくらい大きく上昇する仮想通貨も中にはあります。

しかしながらそう言った通貨の値動きばかりを追いかけるのではなく、通貨を勉強して、しっかりと将来性があるかに目を向けて、それが安値であれば買ってもっておいけばいいです。(私の有料連載記事でポロニエックスでどの通貨を取引しているかを解説しています。) 実用性がある通貨であれば、どこかのタイミングで必ず価格は上がり出します。

しかしながらそういった通貨の投資は私が仮想通貨投資で得た利益の一部を回しているのが現状です。 

現在私も注目している通貨はいくつかあり、その中の一部は国内取引所では取り扱っていたいため、「ポロニエックス」を使っているということです。

これからの仮想通貨投資で重要な視点

すでに書きましたように、現在ビットコインやイーサリアム、リップルなど仮想通貨全体が値上がりをしており、「仮想通貨バブル」と一方では呼ばれています。

そして多くの人は資産を増やそうとマネーゲームに参加しているのです。現在の仮想通貨の9割以上が実用性がなく将来消えて無くなるという専門家の意見があります。

そういった中で普通の人が利益を上げていくには、堅実に実用性と将来性を兼ね備えた通貨をこれまで以上に取捨選択をし投資していくことがより重要になってきます。なのでそのためには、ある程度でも日々通貨の勉強が欠かせないのです。

短期的に大きく買われ上昇する通貨があります。ですが、そればかり気にして通貨をたくさん調べてもそんな時間は通常に人はありません。もしくはそういった通貨の情報は海外のサイトを見てもあまり情報がありません。なのでしっかりと通貨を選択して効率よく投資する視点が大事だと思います。

本サイトの無料メルマガで一から仮想通貨投資の基礎を学習できるようにしています▼▼

月額550円で私が連載している仮想通貨連載記事では堅実な投資を基礎に、投資のタイミングや気なる未公開通貨をご紹介しており、現在のところ購読者の多くの人が利益を上げています▼▼▼

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)