初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

仮想通貨(ビットコイン)は危ない?〜その危険性・リスクについて

仮想通貨(ビットコイン)は危ない?〜その危険性・リスクについて

ビットコインをはじめとした仮想通貨はこれまで通貨として、少なからず盗まれたり取引所が破綻したりしています。 怪しいイメージを依然として持つ人もいて、そういった点を踏まえて仮想通貨を運用する場合の危険性リスクについてはまとめていきます。

仮想通貨を運用する上でリスクを知ることはとても重要なのです。 FXにしても株にしても投資にしてもリスクをとって運用をしているのです。ですが、もし買って持っておくだけで2016〜2017年のビットコインみたいに約5倍の値上がりを記録してたりすると当然気になりますよね。

この記事を読んでいる人は、ビットコインは怪しくて危険なイメージがあるけど、かなり値上がりしているから気になるという方が多いかもしれません。 それもそのはず、ビットコインはこれまでの歴史で、取引所がつぶれたり、コインが盗まれたりしても価格は上がってきているのです。

ビットコイン(仮想通貨)は怪しいというイメージ

仮想通貨が怪しい、危険というイメージは2013年のMt.Gox(マウントゴックス)からビットコインが盗まれ取引所が破綻したことが大きな原因だと思われます。

 インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。-日本経済新聞

 

上の画像はマウントゴックスが波状して原因でビットコインの価格が低下したグラフになります。(2013年11月から2014年3月のチャート)

この事件をきっかけに、「ビットコインは危ない」「仮想通貨は危険だ」というイメージがついたと思います。そして現在2017年でもそのイメージを持っている人もいます。 マウントゴックスが波状した時のビットコインの価格は6万円だったのが今は30万円にはなっていますが(笑)

原因はマウントゴックスのセキュリティの問題と言われています。また内部の犯行とも言われ、当時社長であったマルク・カウプレス氏が顧客のビットコインを盗んだという容疑で裁判にかけられています。

しかしながら速報で、ギリシャで6年にわたり4400億円のビットコインを盗んだとして男が逮捕されています。その犯人はマウントゴックスのビットコイン流出も関係しているとのことです▼▼

現在の国内仮想通貨取引所のセキュリティについて

このことで考えることは、仮想通貨はデジタルの通貨。つまり盗まれやすい可能性があるということです。 なので、現在の国内仮想通貨取引所は顧客の資金をコールドウォレットと言ってオフラインのウォレットに保管するようにしています。

以下コインチェックの資産の保管についての説明です▼▼

当時、Mt.GOX(マウントゴックス)のコールドウォレットの管理は完全なオフライン状態で行われていなかったため、安全性が確保されていませんでした。
coincheckでは、お客様からの預り金の内、流動しない分に関しては安全に保管するために、秘密鍵をインターネットから完全に物理的に隔離された状態で保管しています。
97%以上の資産が、このコールドウォレットに保管されています。ーコインチェック

仮想通貨は盗まれると帰ってこない可能性が高いため、しっかりとセキュリティ対策をして保管する必要があるということです。また国内では初めて、コインチェックとビットフライヤーが顧客の資産については補償制度を設けています。

詐欺の仮想通貨について

仮想通貨は現在1000種類以上にものぼり、このうち詐欺は90%以上を超えていると言われています。つまり金儲けの道具として仮想通貨を作っている人が多いと思います。

仮想通貨という名で資金を集めるためです。

では詐欺通貨の特徴とはどういうものでしょうか? これはあくまでも傾向ですので一部当てはまっても詐欺ではない通貨もあると思います。

  • 大手の仮想通貨サイト(ニュース)で取り上げられていない。
  • 大手の仮想通貨取引所で取引されていない。
  • 未公開通貨は資金を失うリスクがあることを理解する。

詐欺が狙うのは3番目の未公開通貨つまりICOというものです。 このICOはまだ取引所にリリースされる前に資金を集めることを目的としたもので、詐欺通貨は主にこう言った機会を狙います。 未公開通貨はまだ取引所に公開されていないため、公開前に計画が破綻して資金を失う可能性があることは理解しておくことが必要です。

ですが皮肉なことに、ICOは将来性のある通貨であると大きな利益を得るものでもあるのです。現在時価評価額第2位のイーサリアムはICO時に6万円投資をしていると現在は2400万円の価値になっています。。。。 凄まじい価値の上昇ですね。

こう言った事例もあるため、ICOに参加する人は依然として多いのです。ですが、初心者の方は仮想通貨の知識が身につくまで手を出さないことが大事だと感じています。大手の仮想通貨取引所で使える通貨はすでにリリースされて世界中で取引されているのでICOに比べてリスクは少なくなります。

関連記事▼▼

 

 仮想通貨の値幅が大きい

仮想通貨おいて、感じるのが値幅が大きいということです。 株や外国為替に比べても1日の値幅が大きく、10%も価格が動くこともあります。

ですがこれまでのビットコインや他の仮想通貨は右肩上がり、たとえ買って一時的に価格が下落しても一時すると価格が上がりほとんどの方が利益を得ている状況です。

仮想通貨の投資で気をつける必要があるのは、急騰後の急落です。 よく仮想通貨はこれまで大きく一気に値上がりした後は急落する特徴があります。

関連記事▼▼

仮想通貨の危険性と値上がり益

仮想通貨はこれまで盗まれたきた歴史から怪しいイメージを持たれている人もいます。 ですがそれにも関われず価格上昇してきているのです。なぜ価格は上昇してきているのか?

価値があるから盗まれるということ。

ビットコインなどの仮想通貨を盗もうとするのはハッカーです。 価値がないものは誰も盗みません。 価値があるからこそ盗むのです。これは非常に重要な視点です。

盗まれるから危険なのではなくて、価値があるから盗まれるのです。盗まれるのは現金であれ、振込詐欺であれば同じなのです。

ではなぜ価値があるのか、そこが重要なのです。まずは概略でもそこを理解した時に「投資をしてみよう」という気持ちになります。誰もよくわからないものに投資をしようとは思いません。

このページでは仮想通貨がどのようなものかはある程度のボリュームがあるため、詳しくは説明できませんが、ビットコインなどの仮想通貨は格安の手数料、送金スピードが従来より圧倒的に早い、政治的に不安定で自国の通貨が信じられない国で安全資産と考えられているなどの側面があるからです。

なので別に日本とかではなく、世界中で必要され普及され、通貨が買われれば自然と価格は上昇していきます。なので本当にそうであれば、買って持っておけば価格は上がって利益を上げられることになります。別にトレードの知識は必要ありません。ただ収益を上げるためには、仮想通貨がどのようなものか知ることとスピード感が大事なのです。

実際に使われている通貨

ビットコインは実際決済手段として一部の店舗で使われています。有名なところでビックカメラやDMMやメガネスーパーなどがあります。

またイーサリアムという通貨は現在時価評価額2位ですが、国連の難民キャンプでの資金集めやシステムとして使用されています。またリップルという通貨は、あの日本最大手の銀行「東京三菱UFJ銀行」で使用されることが公式的に発表されて大きな注目を集めました。これが大きな価格上昇となっているのです。

仮想通貨は怪しい、危険だというイメージでいる人が一部としている反面、世の中はどんどん進んでいるのです。

これらの通貨は国内取引所の「コインチェック」で取引をすることができます▼▼

仮想通貨は危険?なのに若くて資産を築いている

この記事を書いている私もある程度早くから仮想通貨に投資をしており、100万円以下の元手での1000万円以上の収益を得ています。

関連記事▼▼

1000万円の資産を手に入れるのに、普通の会社員である若い人はどれだけ働かないといけないのでしょうか。年功序列で若い人の給料は安く、また若い青春時代の貴重な時間を割いて多くの仕事をしています。 ほとんど彼らは1000万円資産を築くことはできません。給料が決まっているからです。残業手当も大した額ではありません。いやいやたくさん働いて少ない給料で生活をして、それを繰り返している人が大半なのです。

2016年10月にビットコイン価格が10万円だった時に、現在年金受給者の父に電話して、「ビットコインはこれから将来性があるから勉強して投資をしてみたら?」と提案してみました。父は「危ないから・・・」という返事。父はよく知りもしないのに、仮想通貨は危ないと決めつけていましたが、現在ビットコインは30万円くらいの価格となっています。

仮想通貨は2017年法律で正式に通貨として認定され、またビックカメラや大手リクルートのエアレジでもビットコインが決済として用いられています。

時代の流れを理解し、リスクを理解して投資をすることが重要です。

仮想通貨の始め方をまとめています▼▼▼

仮想通貨の基礎知識について、本サイトでは「無料メルマガ」で20回程度毎日メールでしっかりと仮想通貨の重要な部分を学習できるようにメールが送るようにしています。 そしてその都度重要な事柄についてはリアルタイムでメールを出しています。 これまで多くの人が仮想通貨で利益を上げてきています。

日に日に認知されどんどん状況が進んでいる仮想通貨の知識を効率的に吸収できる無料メルマガがお役に立てれば幸いです▼▼▼(期待通りでなければ、解除はすぐにできます。まずは20日間知識を学習してみてください。)

初心者必見!!仮想通貨初心者特集はこちら▼▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事